まだ若いのに…どうして薄毛に?その原因と対処法とは

実は薄毛に悩む女性は増えてる

最近、薄毛に悩む若い女性が増えていることをご存知でしょうか。男性特有の悩みというイメージがある薄毛ですが、女性でも高齢になれば髪が薄くなるのは自然な老化現象です。しかし、老化には程遠い20代や30代で髪が薄くなって悩んでいる女性がいます。

これはなぜでしょうか。その原因と対処法を見ていきましょう。

それは髪型が原因かも

女性の薄毛には、大きく、老化やストレスが原因のびまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)、産後のホルモンバランスの乱れによる抜け毛、髪型が主な原因で起こる牽引性脱毛症、自己免疫異常が原因とされる円形脱毛症などがあります。このうち、若い女性の薄毛の種類として多いのが牽引性脱毛症です。

これは若い女性の中でも特に髪が長く、常にポニーテールにしていたり、エクステをつけていたりと、髪が引っ張られるヘアスタイルをしている人に起こります。前髪の生え際部分や分け目部分が薄くなるのが特徴。常時髪がぎゅっと引っ張られている状態にあるため毛髪や頭皮に負担がかかり続け、髪が抜け落ちて生えてこなくなった結果、薄くなっているのです。なので、ヘアスタイルを変えるだけで改善します。ただし、弱った頭皮から再び毛が生えてくるまでは時間がかかってしまいます。頭皮マッサージして血行を促進すると、頭皮全体に栄養がいきわたりやすく、強い毛が生えやすくなりますので、おすすめですよ。そのほか、栄養バランスのとれた食事を心がける、睡眠を十分とる、適度に運動してストレスを発散するといった基本的な生活習慣の見直しも、薄毛の改善に結びつきます。

ある日ふと電車に映る自分の髪の薄毛にハットすることがあります。改めて食事改善やマッサージを気を付けようと考えさせられる瞬間です。